H29年度税制に関わる「証明書」発行について 「2年間延長」

2019年11月19日
一般
発行元: 事務局

中小企業等 経営強化法の下、H29年度より2年間 (H31/3月末迄)の期限で適用されてきた、中小企業事業者の設備投資に対する税制優遇措置がH31/4月から下記のとおり変更一部変更した上で2年間延長となりました。  

         1) 「固定資産税特例(H29/30税制)=取得設備の固定資産税を1/2 に減免。➡H31年/3月末で終了 (=予定通り)

          2) 「中小企業 経営強化税制」 =即時償却か、法人税額控除の選択  ➡ 2年間延長。 (2021年/3月末迄有効)

 

 これにより、H31年/4月~R3(2021)年/3月末迄中小企業の設備投資に対し、以下二つの優遇税制が有効となります。

         ①「中小企業等 経営強化法」の下、「中小企業 経営強化税制」

               ◆優遇措置: 即時償却か、法人税額控除の選択 (会社の税務申告時)

     「経営力向上計画」を策定、購入予定設備の「証明書」を添付 して申請し、「認定」取得しておく。

                        (➡ 詳細は、添付の説明を参照ください。)

       「生産性向上 特別措置法」の下、「固定資産税 特例(H30年度税制)」

               ◆優遇措置: 固定資産税を ➡ “0” に減免。  (購入後、固定(償却)資産の申告3回分で)

    「先端設備導入計画」を策定、購入予定設備の「証明書」を添付 して申請し、「認定」取得しておく。

                    (➡詳細は、当会ホームページへの下記リンクを参照ください。)

                             http://www.jsima.or.jp/notice/2018/07/-h306.html

 

【本件に関する問い合わせ】

     ●一般社団法人 日本測量機器工業会

         事務局 担当:黒澤、石井

         Tel: 03-3431-5007